コンテンツ

さまざまなおなやみにたいするお役立やくだ情報じょうほう発信はっしんしています。カテゴリを選択せんたくすると、
関連かんれんするコンテンツが表示ひょうじされます。になるコンテンツをチェックしてください。

Dr.友末のゼミ風景ふうけいよみもの

呼吸こきゅうふかくゆっくり」

スウェーデンで発刊はっかんされた『スマホのう』、『最 強 脳さいきょうのう』というほん日本にほんでもよくれています。しかし、わたしにはからないんです。

結論けつろんはというと「スマホをやっているときの時間じかん一部いちぶ身体しんたい運動うんどうまわしましょう・・・」

ただそれだけのこと。

論点ろんてん自体じたい目新めあたらしさはなく『最 強 脳さいきょうのう』にいたっては書店しょてんで20ぷんえました。

それがなんでベストセラーになるの?

 

(その20分間ぷんかんわたしにとって身体しんたい運動うんどうになりました。み、すみません。)

 

しかし、たったこれだけのことを主張しゅちょうするのに、研究けんきゅう結果けっか原始げんし時代じだいはなしれながら1さつほんにしてしまう著者ちょしゃ力量りきりょうには脱帽だつぼうです。

もともとどもけにかれたほんのようで、論旨ろんし明快めいかいかりやすく、

おおくの読者どくしゃが「★5つ」と評価ひょうかするでしょう。

この著者ちょしゃは、スマホ時代じだい大衆たいしゅうけする文章ぶんしょうかたというものを、

にくらしいほど心得こころえていますね。

 

(そのテクニックを、真似まねをしたいとはおもいません。)

 

さて、現 代 人げんだいじん運 動 不 足うんどうぶそく。これは万人ばんにんみとめるところです。

そして、心身しんしん不調ふちょうおおくは運動うんどうをすることで改善かいぜんされます。

これも反論はんろんするひとはいないでしょう。

 

(ひきこもりなどは、まさにそうだとえます。)

 

しかし、そう簡単かんたんにはかないのが現実です。

たとえば、ひきこもりの場合ばあい。そのひとたちを、どうやってそとすのか?

こんなことが、運動うんどう以前いぜん問題もんだいとしておおきくちはだかるのです。

こまったことに、そのやりかた1人ひとり1人ひとりことなり、おおくの場合ばあいなが時間じかん必要ひつようになります。

 

(『スマホのう』の著者ちょしゃは、こういう問題もんだいにはまったれていません。)

 

では、どうすればいのでしょうか?

そのためには「自分じぶん身体しんたいかんじてもらうのがい」とまえに述べましたが、

具 体 的ぐたいてきなことはきませんでした。

でも、こうすればいのではないかというこたえは、我々われわれはちゃんとっています。

それはなにかとうと『呼吸こきゅう』です。

 

(かる運動うんどうをしているときのような、ふかなが呼吸こきゅうです。)

 

現 代 人げんだいじんは、呼吸こきゅうがどんどんあさく、そして、みじかくなっています。

ストレスをかんじているとき、スマホをじーっとているときなどは、とくにそう。

そんなときは、1分間ぷんかんに30かい以上いじょうも「っていて」を小刻こきざみにかえしているはずです。

肺 周 辺はいしゅうへん筋肉きんにく横 隔 膜おうかくまくを、ほとんどうごかさない状況じょうきょうになっている、ということです。

 

(これでは、からだ、そしてこころも、かたくなっていくわけです。)

 

ひきこもりの解 決 策かいけつさく。その第一だいいち段階だんかいとしておすすめしたいのが、

おおきくゆっくり呼吸こきゅうをし、呼吸こきゅう回数かいすうらしていくことです。

呼吸こきゅう意識いしきけ、まずは1分間ぷんかんに4かいか5かいくらいを目標もくひょうはじめてみてください。

 

(これくらいならくるしくならないので、ながつづけられるはずです。)

 

べつに、そとでやる必要ひつようはありません。

自分じぶん部屋へやにこもったまま、やってもらってかまいません。

そのうち、身体しんたいたいする意識いしき敏感びんかんになっていくのが、かんじられるようになるでしょう。

そうなったら、しめたもの。

からだの無駄むだちからやこころの負担ふたんがだんだんとっていき、

心身しんしんともに快適かいてきになってくに、ちがいありません。

 

ミニトランポリン。心身しんしんともにほぐすのに効果こうかがあることがかっている。

トランポリンがくても、そのかるくジャンプをするだけでもOK。