コンテンツ

さまざまなおなやみにたいするお役立やくだ情報じょうほう発信はっしんしています。カテゴリを選択せんたくすると、
関連かんれんするコンテンツが表示ひょうじされます。になるコンテンツをチェックしてください。

「メンタルトレーナー幸田がいく」よみもの

教員きょういんのメンタルヘルス

市の教育きょういく委 員 会いいんかいにSSW【スクールソーシャルワーカー】として在籍ざいせきしていますが、実際じっさい学校がっこう現場げんばでは、『教員きょういんかかえている物事ものごと』の大半たいはんが、教員きょういん一人ひとりひとりの「ストレス」影響えいきょうを及ぼしています。『児童じどう生徒せいと保 護 者ほごしゃとのい』、『学級の運営うんえいや課外活動かつどう負担ふたん』をはじめ、つねに、経験けいけん年数に関係かんけいなく「先生せんせいうスタンスで対応たいおうすることがもとめられています。
勿論もちろん教育きょういく現場げんばだけがストレス過多とう訳ではありませんが、とくに『学校がっこう』と場所ばしょならではの特異性が見けられます。
個人こじん教員きょういん経験けいけんなどをかして、学校がっこう現場げんばとの関係かんけい連携れんけいをしながら、『児童じどう生徒せいと保 護 者ほごしゃとのかかわり』と同時どうじに、「地域ちいき関係かんけい機関きかんとの調整ちょうせい役割やくわりのSSWですが、3年前ねんまえから、『教員きょういんのメンタルヘルス』についての支援しえんを、市長しちょう教育きょういく長から直接ちょくせつ依頼いらいけて、SSWとは別枠で『教員きょういんサポート』の活動かつどうもしています。
不登校ふとうこうやひきこもり」への対応たいおう教員きょういん役割やくわりひとつですが、サポートするべき『教員きょういん疲労ひろう感•疲弊感』は急速にたかまり、医療いりょう機関きかんへの受診紹介しょうかい個別こべつカウンセリングなども頻繁に実施じっしせざるを得ない状況じょうきょうです。校長•教頭と管理かんり教員きょういんベテランから新規しんき採用までの幅広はばひろ教員きょういんいまでは、『経 験 値けいけんち有無うむ』にかかわらず、なんらかの「不調ふちょうわせている教員きょういん増加ぞうか傾向けいこうにあります。
個人こじんてきはじめて、いまでも継続けいぞくしている教員きょういんあつまりの機会きかいを主宰しています。つき1かい日 曜 日にちようび午前ごぜんなか開催かいさいしている『教員きょういん座 談 会ざだんかい』は、今 年 度こんねんどで16年目ねんめに入りました。「継続けいぞくはチカラなり」と、コロナにおいても様々さまざま工夫くふうをして実施じっし出来できているので、今後こんご継続けいぞくしていきながら、『教員きょういんのストレスケア』に努めていきたいとおもっています。
県教委からは『不登校ふとうこう支援しえんコーディネーター』委嘱いしょくけていますから、当然とうぜんながら、「不登校ふとうこうやひきこもり」当 事 者とうじしゃ支援しえん活動かつどうもしつつ、サポートやくになる「保 護 者ほごしゃ支 援 者しえんしゃ勿論もちろん、『教員きょういん』へのカバーリングをつづけていきます。
季節きせつは「初夏しょか」••• 梅雨つゆのスッキリしない時期じきとおぎれば『真夏』になります。まずは、ご自身じしん健康けんこう管理かんり体調たいちょうコントロールに配慮はいりょして、るべき『あつさ』をむかける心身しんしんのバランスをととのえてください。