コンテンツ

さまざまなおなやみにたいするお役立やくだ情報じょうほう発信はっしんしています。カテゴリを選択せんたくすると、
関連かんれんするコンテンツが表示ひょうじされます。になるコンテンツをチェックしてください。

Dr.友末のゼミ風景ふうけいよみもの

自由じゆうで、緩くて、グレーな空間」

日本にほんテニス学会がっかいという、選手せんしゅ指 導 者しどうしゃ研究けんきゅうしゃが一堂に会する学会がっかいがあります。

現場げんば役立やくた研究けんきゅうすすめよう」というけ声のもと、34年前ねんまえ設立せつりつされましたが、

この学会がっかい発表はっぴょうされた研究けんきゅうが、選手せんしゅ競技きょうぎ向上こうじょう貢献こうけんしてきたのかどうか?

 

研 究 者けんきゅうしゃ指 導 者しどうしゃとして創設にもかかわり、だい1かい大会たいかいから参加さんかしてきたわたし見解けんかいは、

つぎとおりです。

選手せんしゅ競技きょうぎちからを『 体力たいりょく + 技術ぎじゅつ + 精神せいしん力 』ととらえるならば、

体力たいりょく面については90点、技術ぎじゅつ面については50点、精 神 面せいしんめんについては20点。

 

このてん数だけると、「なんだ、あまりやくに立ってないじゃないか?」

精神せいしんこころについての研究けんきゅうはどうなっているの?」とかんじられるかもれませんが、

これが現実です。

 

実際じっさい選手せんしゅんだときには、こう対応たいおうすればよい」、

「ひきこもりのひとたいしては、こうすればよい」というような、

いま、おおくの日 本 人にほんじんが切実にもとめている問題もんだいたいする解答は、

テニス学会がっかいに限らず、ほかのスポーツ関連かんれん学会がっかいでも提示ていじされていません。

 

でも、研 究 者けんきゅうしゃを責めてはいけないんですね。

その元凶は文部もんぶ科学かがく省・・・そう、文科省がいけないのです!!

 

文科省はこの30年間ねんかん大学だいがくに競争原理げんり導入どうにゅうし、管理かんり強化きょうかすすめてきました。

その結果けっか、どうなったか? 教員きょういんの余分な仕事しごとえただけで、

研究けんきゅう教育きょういくに費やす時間じかんが、大幅にってしまったのです。

 

一方いっぽうで、短期間きかんで成果が研究けんきゅうにしか予算を出さない。

あ~あ、こんな状態じょうたいでは、調査ちょうさなが期間きかん必要ひつようとする精 神 面せいしんめんについての研究けんきゅうが、

捗るはずがありません。

そしてさらには、クラブ活動かつどう参加さんかする学生がくせい激減げきげんしてしまいました。

 

文科省さん・・・

大学だいがくというところは本来ほんらい自由じゆうで、緩くて、グレーな空間であるべきじゃないんですか?

 

さいわいなことにわたしは、大学だいがく生活せいかつを「緩い隙間すきま」のなかおくることができました。

いまから40ねん以上いじょう前の話です。

出欠をる講義はほとんどなかったし、教員きょういん教員きょういん質問しつもんをしてもちゃんとこたえてくれない。

でも、自分じぶん問題もんだいつけし、自分じぶんでやりたいことをめておこなった、というてんでは、

自分じぶん長所ちょうしょ自分じぶんばすことができた、貴重きちょう期間きかんでした。

 

長年、スポーツ選手せんしゅ指導しどうをしていたのでかるのですが、

人間にんげん管理かんり主義のなかでは、長所ちょうしょばせたとしても、中途半端にわってしまうものです。

100点満点で60点未満みまん(落第点)をることはなくても、

満点はどうやってもれない、というかんじです。

 

しかし、自由じゆう放任を基礎きそとする指導しどうだと、0点になる怖れはありますが、

120点(予想をえる結果けっか)を可 能 性かのうせいます。

(あれっ、先月せんげつのコラムとまたおな文章ぶんしょういてない?)

そして、ちょっとわったやつほうが、いざというときに100点以上いじょうのです。

 

もし、あなたが「こんな自分じぶんへんなんじゃない?」と、みそうになったとき、

たしかに変よね。でも別にいいじゃん。それはぎゃく長所ちょうしょかもよ」と、

反対はんたいかんがえてみたらどうでしょう?

 

そして、えて断言します。人間にんげんの欠点は治りません」。

だからわたしは、選手せんしゅたいして練習れんしゅうなか、欠点をなお指導しどうは一切しません。

長所ちょうしょばす指導しどうだけ、延々とかえします。

 

でも、これで、だいたい上 手うまくいきます。

おおくの選手せんしゅが、そのひと最 大 限さいだいげんちから発揮はっきしてくれるようになってくのです。

それも、ここ一番いちばんという場めんで。

 

ひと昔前のCarpの選手せんしゅたちが、こんなかんじでしたね。

スカウトは欠点を見ず、長所ちょうしょのみを評価ひょうかして選手せんしゅを発掘していたので、

問題もんだい児が入団することもあったようです。

たとえば、~~~~選手せんしゅ、~~~~選手せんしゅ(・・・やっぱり名前なまえは伏せます)。

そして、コーチはコーチで選手せんしゅ長所ちょうしょをよりばすことに、ちからそそいでいたのです。

 

いま、そういう「欠点に目をつぶる」指導しどうをしている球団は、

う~ん、『セ』ではちょっと見当たりませんね。

『パ』はありますよ。西武とかオリックスとか・・・

 

新井さ~~ん! こんな、「ざっくばらんだけどつよい」という雰囲気・・・

自由じゆうで、緩くて、グレーだけど、ぶちつよいという、ぞくぞくする雰囲気。

これを、Carpに復活ふっかつさせてくれませんか~~?