コンテンツ

さまざまなおなやみにたいするお役立やくだ情報じょうほう発信はっしんしています。カテゴリを選択せんたくすると、
関連かんれんするコンテンツが表示ひょうじされます。になるコンテンツをチェックしてください。

 Dr.友末のゼミ風景ふうけいよみもの

コラムだい32かい 「引退試合しあい

プロ野球やきゅうおこなわれる引退試合しあい
打者ならば1打席だけち、投手とうしゅなら打者1人ひとりたいしてだけ投げ、
最後さいご声援せいえんけて引退する、というセレモニーです

 

普通は、チームの順位に関係かんけいない消化試合しあいや、点差が開いたときにおこなわれ、
相手あいてチームも引退する選手せんしゅはなたせます。
しかし、引退試合しあいとは公式こうしき戦ですから、そうでない場合ばあいもあるから面白おもしろい。
わたし印象いんしょうのこっているのは、つぎの3にんのケースです。

 

1人ひとり目は、前広島監督かんとくの佐々岡真司氏。2007ねん相手あいては横浜、打者は村田修一。
広島が大量たいりょうリードのめんでしたが、村田にホームラン王のタイトルがかかっていたため真剣しんけん勝負。結果けっか、ホームランをたれたのですが、これはこれでい引退試合しあいだったとおもいます。

 

2人ふたり目は、現在げんざいのカープのコーチ、高橋建氏。2010ねん相手あいては横浜、打者はカスティーヨ。
この試合しあいは、TVでていたのですが、TVの音こえを消し、ラジオの音声おんせいいていました。
ラジオの安仁屋さんの解説かいせつを、おもしながら再現してみます。

 

「えっ? 外人か~? こりゃ~注意ちゅういせんと。ってるかもれませんよ。大リーグには引退試合しあいというセレモニーはありませんからね」
いやホント、大 丈 夫だいじょうぶかな? とわたし心配しんぱいしてていましたが・・・

 

1球目。外角にストレート。ちょっとはずれたかなとおもったら、審判しんぱんは「ストライク!」。
2球目。投げた直後に「やばっ!」とおもうような、どなかのストレート。
しかし、カスティーヨは微動だにせず、ノーボール・2ストライク。
そして3球目。またどなかだが、カスティーヨはボール3~4個分上を大空振り。

 

その瞬間、アナウンサーが叫びました。「高橋建! 引退登板を3球3振! 立派りっぱです!」
安仁屋さんはというと「ふふん」と笑い、「カスティーヨはかってましたね。彼も立派りっぱですよ」と一言。こんな楽しいやりりがけるのも、引退試合しあいの醍醐味です。

 

3にん目は、これも現コーチの永川勝浩氏。2019ねん相手あいては中日、打者は大島洋平。
永川選手せんしゅの娘さんをよくっていたので、バックネット裏の席を確保かくほしました。
先発で1人ひとりだけ投げるということで、ガチガチの真剣しんけん勝負。
すべて直球で一塁ゴロにち取ったのですが、その危なかったこと!

 

守備がそんなに上手じょうずいわけではない一塁の松山まつやまが、転げそうになりながらもショートバウンドでり、一塁に駆けんだ永川にトスしてギリギリアウト。
「永川さん、最後さいご仕事しごとした~!」ってかんじでした。
大歓声に包まれ、べンチに戻ろうとしていたとき、中日の選手せんしゅはな束を渡したシーンは、瞼にき付いています。

 

じつはこの日、もっと印象いんしょうに残ったことがあります。それは、娘のゆなさんの始球式。
背がたかいしバレーの選手せんしゅなので腕がおおきくまわり、糸を引くような速い球がおこなったのです。
その瞬間「オーーーッ!」とどよめきが上がり、球場全体ぜんたいが震えました。

 

永川選手せんしゅは直後に娘からボールを手渡されたとき、「泣きそうになった」とのことですが、そこはプロ。
気持きもちもすぐにえ、るんだという、いつものオーラを発していました。
この試合しあいに限らず、引退試合しあいはいつても感動かんどうものだとおもいます。

 

さて、ひきこもり支援しえん観戦かんせん体験たいけんというのがあるのをご存知ぞんじでしょうか?
スポーツを観戦かんせんしてもらうことをきっかけに、自分じぶん世界せかいひろげてもらうことができたら、というかんがえのもと、サッカー(Jジェイリーグ)ではすでにおこなっているクラブもります。
ただ観戦かんせんをするだけでなく、選手せんしゅ使つかうロッカールームや普段ふだんはいることができない施設しせつ見学けんがくできたり、たいへん好評こうひょうのようです。

 

これを、プロ野球やきゅうやプロバスケットなど、ほか競技きょうぎでもはじめることはできませんかね?
ひきこもりのひとがこうしたイベントに参加さんかするのはむずかしい面があることはよくかっていますが、プロ野球やきゅうだったら引退試合しあいがおすすめです。
感動かんどう的だし、試合しあい後には楽しいセレモニーもあるので、これにすことができれば、こころひらおおきなきっかけが得られるかもれません。

昨年さくねんは、一岡投手とうしゅの引退試合しあいもありました。始球式での息子さんの投球には、ファンはもちろん、両軍ベンチからも大拍手!
デイリースポーツ online (2023.10.01)より
https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2023/10/01/0016871251.shtml?ph=1