コンテンツ

さまざまなおなやみにたいするお役立やくだ情報じょうほう発信はっしんしています。カテゴリを選択せんたくすると、
関連かんれんするコンテンツが表示ひょうじされます。になるコンテンツをチェックしてください。

Dr.友末のゼミ風景ふうけいよみもの

「大坂なおみ選手せんしゅのメンタル・トレーニング」

今年ことしの6がつ全仏ぜんふつオープンテニスでの大坂選手せんしゅ

試 合 後しあいご会見かいけん精 神 的せいしんてきにきついとボイコットし、ながあいだうつびょうなやんでいたことを告白こくはくしました。

4だい大会たいかい優勝ゆうしょうするような選手せんしゅなら、メンタルはつよいとおもうかもしれません。

しかし、みんながみんな、そうではないのです。

なかには奇行きこうはしってしまう、というへん選手せんしゅてきたりします。

 

その一方いっぽうで、試合しあいなかでも日常にちじょう生活せいかつでもメンタルのつよ選手せんしゅがいます。

そういう選手せんしゅはメンタル・トレーニングが「ストレス耐性たいせいつよくする」ことにつながっているのです。

メンタル・トレーニングといっても「ストレス耐性たいせいよわくする」場合ばあいもあるわけで、

このてん選手せんしゅもコーチもよく注意ちゅういしておく必要ひつようがあります。

 

さて、大坂選手せんしゅのコーチをながつとめたサーシャ・バイン。

かれのコーチングのおかげで、大坂選手せんしゅはブレイクしたとってもいとおもいます。

しかし、メンタルめん指導しどうはというと「???」です。

レベルのひくいことをやっているな・・というのが、わたし第一だいいち印象いんしょうでした。

 

たとえば、大坂選手せんしゅ試合しあいなか自分じぶんのプレイの不甲斐ふがいなさにはらてているとき。

バインコーチは、大坂選手せんしゅがプラス思考しこうになるようなアドバイスをり返していました。

一生いっしょう懸命けんめいになって、なだめていたのですね。

 

そんなアドバイスは逆 効 果ぎゃくこうか。ストレス耐性たいせいひくくなっていくばかりなのです。

 

テニスの試合しあい一人ひとりでやるものです。

ひとちからを借りずに、自分じぶんでメンタルをコントロールできるようにしておかなくてはなりません。

本当ほんとうは、大坂選手せんしゅ自分じぶん見失みうしないそうになっているとき、こえけてはいけません。

自分じぶんなおりなさい」とはなしたほうが、ストレス耐性たいせいたかくなっていきます。

 

とはえ、バインコーチには同情どうじょうすべきてんもあります。

大坂選手せんしゅ専属せんぞくコーチともなれば報酬ほうしゅう高額こうがくですが、期限きげん保証ほしょうされていません。

もし選手せんしゅはなし、復活ふっかつできるまでには時間じかんがかかりぎると、くびになってしまいますから、

大坂選手せんしゅつねはたらきかけていないといけない、というプレッシャーは当然とうぜんあったでしょう。

 

でも、んだ選手せんしゅをずっとほうっておくのではありませんよ。

音楽おんがくかせることなんか、手段しゅだんひとつです。

それは、「ガンバレ・ガンバレ」のプラス思考しこううたではありません。

「あ~、自分じぶんはダメだ」とぎゃくにもっとち込んでしまうようなマイナスのうたなのです。

 

おすすめは、Bump of Chicken。

かれらのうたは、前半ぜんはん一度いちど自分じぶんよわさをみとめます(積 極 的せっきょくてきマイナス思考しこう)。

そして、最後さいごのところで「ま~、でもなんとかなるよ」と積 極 的せっきょくてきプラス思考しこうげます。

この、一度いちど自分じぶんよわさをれるというところが、ストレス耐性たいせい強化きょうかつながっていくのです。

最近さいきんうたでしたら、高橋優の「明日あしたはきっといいになる」などは、このパターンになっています。

 

さて、前回ぜんかい予告よこくしたあいみょんの歌詞かし分析ぶんせき

やってみると、プラスにもマイナスにもどちらにもれる部分ぶぶんがあって、かなり難解なんかいです。

残念ざんねんながら分析ぶんせき結果けっか紹介しょうかいするのは、すこさきのことになりそうです。すみません。

 

USA Today Sports / reuters

https://www.huffingtonpost.jp/entry/news_jp_5f5d4f34c5b62874bc1dda6f より