コンテンツ

さまざまなおなやみにたいするお役立やくだ情報じょうほう発信はっしんしています。カテゴリを選択せんたくすると、
関連かんれんするコンテンツが表示ひょうじされます。になるコンテンツをチェックしてください。

さる5がつ6月 曜 日げつようび
東京とうきょうドームで34ねんぶりのボクシング世界せかいタイトルマッチがおこなわれました。
34年前ねんまえ世界せかいタイトルマッチはあの有名なマイクタイソンが防衛戦をおこなうとうことで非常ひじょうおおくのファンが東京とうきょうドームを埋め尽くしました。だが、その試合しあいは蓋を開けてみると、マイクタイソンのKO負けで多数たすうの予想を覆す結果けっかとなりました。それから34ねん月日つきひち、日 本 人にほんじんがメインで東京とうきょうドームの世界せかいタイトルマッチをおこなうことに。私 自 身わたしじしんもボクシングをやっており、これまでおおくの試合しあいてきましたが、自からてみたいとおも試合しあいはこの5がつ6東京とうきょうドームの試合しあいはじめてです。
チケットは早々そうそうに売り切れる席もおおく、残りの席も当日とうじつ券がわずかですべて売り切れ会場には約43,000にんの観客で埋め尽くされました。
試合しあい前から会場の熱気は凄まじく、両選手せんしゅが入場するころには、井上選手せんしゅへのおおきな声援せいえん、ルイスネリ選手せんしゅには、会場全体ぜんたいからのブーイングがこり独特どくとく雰囲気ふんいきなか、1ラウンド目のゴングが鳴りました。開始かいし早々そうそう、チャンピオン井上選手せんしゅは、積 極 的せっきょくてきな攻めからネリ選手せんしゅに襲いかかり上々のスタートをったようにえましたが、ラウンド中盤ネリ選手せんしゅの左フックでまさかのダウンをくらってしまいます。34年前ねんまえの出来ことがまたこるのかと雰囲気ふんいきで会場は静まり返りましたが井上選手せんしゅち上がり、冷静れいせいに8カウントまで身からだを休め、その後も相手あいてのパンチをよく対応たいおうできていました。2ラウンド目からは、井上選手せんしゅが主導権を握り、徐々じょじょ相手あいての攻撃にもなれ、結果けっかてきに6ラウンドTKO勝利しょうりでこの大イベントのトリを飾る形になりました。
井上選手せんしゅ試合しあい後にはなしていましたが、イメージトレーニングを常におこなっていたと。これまで1もダウンをした経験けいけんがない井上選手せんしゅがあの冷静れいせい対応たいおうができたことはイメージトレーニングの賜物です。今回こんかいのボクシングをかんじた事は、日ころからのかさねと日ころからの準備じゅんび本当ほんとう大事だいじになるとうことです。これらにかんしてはなにをするにしても共とおしていることであり、成功せいこうするためには準備じゅんび訓練くんれん本当ほんとう必要ひつようになります。
これからなにかに挑戦ちょうせんするひと、またいまなにをしていいのかわからない。夢や希望きぼうっていないという人もおおくいるとおもいます。そのなかでそのときそのひとにできる準備じゅんびをする。この準備じゅんびこそが成功せいこうへの近道ちかみちだと僕もかんじております。会場でこの雰囲を生であじわうことができ、これからも初心をわすれずに周囲のひと感謝かんしゃしていこうとつよおもいました。

 

百聞は一見にしかず。

 

何事なにごとずは自分じぶんの目でてみましょう。

 

やるど!