コンテンツ

さまざまなおなやみにたいするお役立やくだ情報じょうほう発信はっしんしています。カテゴリを選択せんたくすると、
関連かんれんするコンテンツが表示ひょうじされます。になるコンテンツをチェックしてください。

安田やすだ女子じょし大学だいがくには「人間にんげん論」という哲学の授業じゅぎょうがあります。

わたしは哲学の専 門 家せんもんかじゃないけど、身体しんたい運動うんどう研究けんきゅうをしている関係かんけい上、

身体しんたいの哲学」というテーマで、講義を1コマ担当たんとうすることになりました。

 

この授業じゅぎょうでは、「真理とはなにか?」「人間にんげん社会しゃかいにはなぜ多様たような倫理・権利けんり必要ひつようなのか?」

わたしたちはなにを基盤にきてけばいのか?」

こうした根源的な問題もんだいについての論考を、資料を提示ていじしながら丁寧ていねいすすめてきます。

なんか、むずかしそうでしょ?

 

でも、わたし授業じゅぎょうちがうんです。「精神せいしん身体しんたいはどちらが大事だいじか?」

ギリシア時代じだいから現在げんざいまで、哲学者たちがしてきた解答を、

古い順に紹介しょうかいしていくだけ・・・というシンプルな内容ないようにしています。

 

結論けつろんからうと、このいかけに正解はありません。

古代ギリシア時代じだい身体しんたい、宗教時代じだい精神せいしん、ルネッサンス時代じだい身体しんたいをそれぞれ重視じゅうしし、

現在げんざいはその両方りょうほう主張しゅちょう混在こんざいしている・・・

 

要するに、人間にんげんかんがえることはグルグル回っていて、

根源的問題もんだいに解答をあたえようとしても、答がさだまらないのが普通なのです。

 

このことは、哲学しゃが「人間にんげんとはこうきるべきだ」と、ズバッと答を提示ていじしたとしても、

鵜呑みにすべきではない、ということを意味いみします。

本当ほんとうにそうなの?」「それって、おかしくない?」と、自分じぶんの頭でかんがえんさいよ。

これが、わたしが講義なかに、学生がくせいたちに強調きょうちょうする主張しゅちょうのひとつです。

 

哲学者の提しめする答がつねただしいなら、

戦争せんそうや紛争は、とっくの昔にくなっているはずです。

しかし、現じつはそうなっていない。これからもくなりそうにない。それは何故なぜか?

 

わたしおもうに、古来哲学者の主張しゅちょうというのは、

本人ほんにんがそのとき代、そのくになかで、安全あんぜんに、有利に、そして幸福にきてけるように、

自らのために理論りろん構築こうちくした・・・そういう利己的な面があるからではないか?

 

そうだとしたら、その理論りろん他者たしゃに被害を及ぼすことが、そしてそれが、

大量たいりょう殺戮、大量たいりょう虐殺につながることだって、おおいにり得るわけです。

実際じっさい人間にんげんながい歴史のなかで、残酷な行為をかえしてきました。

 

ここまでしゃべると、学生がくせいたちはかおをしかめ、つぎのように質問しつもんしてきます。

「じゃあ、どうしたらいいんですか?」「哲学を勉強べんきょうして意味いみないんですか?」

 

そこでわたしは、すこはなしたようにこたえます。

人間にんげんってそんなもんよ。たいしたことない」

「でも、哲学の限界とか人間にんげん部分ぶぶんをよくったうえ行動こうどうする。そのことが大事だいじだ」

「こんな感覚かんかくてば、どちらがただしくてどちらが間違まちがっているというような、狭いかんがえは起こらなくなる」

自分じぶんく見せようという気も減る。そもそもひと評価ひょうかにならなくなる」

「もしかしたらロシアだって、もうや~めた、と退散するかもれない」

 

こうまくしてると、学生がくせいたちの顔が、すこし、ほっとした雰 囲 気ふんいきに変わるのです。

https://www.irasutoya.com/2015/02/blog-post_77.html より