コンテンツ

さまざまなおなやみにたいするお役立やくだ情報じょうほう発信はっしんしています。カテゴリを選択せんたくすると、
関連かんれんするコンテンツが表示ひょうじされます。になるコンテンツをチェックしてください。

ハルモ二@ホームラジオ

不登校ふとうこう突然とつぜんにpart3〜ハルモニ@ホームラジオだい16回〜

広島ひろしまのひきこもり支援しえんポータルサイト「ハルモニ@ホーム」のアンバサダーをつとめています。玉城ちはるです。こちらのラジオでは、毎月まいつき精神せいしん疾患しっかんのあるかた、ご家族かぞく(きょうだいふくめ)支 援 者しえんしゃなど、さまざまな立場たちば当 事 者とうじしゃかた対談たいだんをし、紹介しょうかいしていきます。この活動かつどうとおして 精神せいしん疾患しっかんへの理解りかいふかめ、ポータルサイト活用かつよううながすことを目指めざしています。

 

 

 

が家の場合ばあいささえてくれたのは学校がっこう先生せんせいだった」

子供こどもだけでなくおかあさんの様子ようすにかけてくださる先生せんせいがいた事は

親子おやこだけでおもなや孤独こどくにはならずにすみ救いだったとはなしてくださる土井さん

 

先生せんせいたいしての信頼しんらいを素直につことができたのもかったのかもしれない。

自分じぶん子供こども以外いがいに不信感をいだいてしまうとより孤独こどくになり親がかかえる不安ふあん感は子供こどもにも伝わってしまう。

彼女かのじょ場合ばあい先生せんせいという相談そうだん相手あいてがいたことで子供こどもとの適切てきせつ距離きょり感を生んだのかもしれない。

不登校ふとうこうはじめの当時とうじさん自身じしんでも自分じぶん何故なぜ学校がっこうきたくないのか説明せつめいができなかったが、時をて3年後ねんごに「ぼくはあのとき〇〇だったから学校がっこうきたくなかったんだ、けなかったのだとわかった」と説明せつめいをしてもらえるようになる。

 

ひとでもそうだけれど自分じぶん自身じしん何故なぜこんなにも焦燥感に駆られるのか

不安ふあんおもってしまうのか、自分じぶん気持きもちを的確てきかくい当てられるわけでもないときおおいのに、何故なぜ子供こどもたいしてわたしってしまうのです、

 

学校がっこうはどうなの? それでどうおもったの? 何が嫌なの?」

 

子供こども

 

「わからない」と本当ほんとう気持きもちをはなしてくれているにもかかわらず

「わからないではわからないのよ、おしえて」とってしまう。

 

だれもわからないということもなかにはたくさんあるのだ、

余裕よゆうってひとうためにわたしたちは日々ひび生活せいかつなかでそれぞれに自分じぶんったささえをつけることがキーポイントになってくるのかもしれない。

 

 

 

 

今回こんかいのゲストは

土井純子さん

プロフィール。

1979,2,6まれの43さい

高3男、高1男、小3女子じょしのおかあさん。

長男が中3のクラス替えのあった1週間しゅうかん後に、何の前れもなく急に『学校がっこうきたくない』とす。

不登校ふとうこうから3年後ねんごいま

通 信 制つうしんせい高校こうこうに通いながら、

大学だいがく受験をするという目的もくてきを見けて頑張がんばっています。