コンテンツ

さまざまなおなやみにたいするお役立やくだ情報じょうほう発信はっしんしています。カテゴリを選択せんたくすると、
関連かんれんするコンテンツが表示ひょうじされます。になるコンテンツをチェックしてください。

日本にほん震災しんさいから13ねん
およそ29000にんもの人々ひとびとが避難所で生活せいかつし、たりまえおもわれていた生活せいかつたりまえじゃなくなっています。この震災しんさいおおくの犠牲もの現在げんざいおおくの行方不明ふめいしゃ存在そんざいするのも事実じじつです。
当時とうじテレビでそのよう子を見たときの印象いんしょうは今もなおはっきり記憶きおくしており、正直しょうじき何が起こったのか、合成の映像えいぞうているのかとさえおもいました。こういう災害をわすれることなく、教訓とし、ごろからのそなえが本当ほんとう必要ひつようなんだとあらためてかんじました。今年ことしはじめには、能登でおおきな地震があり、ここでもおおくのひとが被害に遭われております。わたしたちがなにかできる事はあるのか、なにをしたらいいのかわからないなどおもかたおおくおられるのではないでしょうか。募金や支援しえん物資の輸送とうできるひと、できないひとはいます。そこでだれでもできる対応たいおうとしては、この災害があったことをわすれない。風化させない。ということではないでしょうか。
また、原発事故じこに伴うおおきな問題もんだいも残されております。原発その物の処理は非つねむずかしい作業さぎょうということは明らかで、そのほかに被爆した建ものや汚染された水とうの処理もあります。これらにくわえ風評被害もいま存在そんざいし、まだまだ間違まちがった理解りかいもあるのではないでしょうか。できるひとができることをし、できないからといって悲観てきになるのではなく、みんなで協力きょうりょくしていけばいとおもいます。

そんな3がつ11にちは犠牲に遭われた方々かたがたの冥福を祈りごすことも大切たいせつだとおもいます。かといって、自分じぶん自身じしんち込むことなく前を向いて生活せいかつすることも必要ひつようです。生活せいかつなか不安ふあんなやみ、心配しんぱいなことがあったとき1人ひとりで悩まかならだれかに相談そうだんしてほしいです。そういったときにこのサイトも1つの手段しゅだんにしていただけたらさいわいです。
今後こんごもそのようなサイトになるため、運営うんえい側の皆様みなさまちからわせ、よりいものにしていきたいとおもいます。
今後こんごともよろしくおねがいいたします。

陽はまた昇る。確実かくじつに。

あきらめない。

やるど