コンテンツ

さまざまなおなやみにたいするお役立やくだ情報じょうほう発信はっしんしています。カテゴリを選択せんたくすると、
関連かんれんするコンテンツが表示ひょうじされます。になるコンテンツをチェックしてください。

「メンタルトレーナー幸田がいく」よみもの

おもちゃの活用かつよう

認定にんていNPO法人ほうじん あそびと創造協会きょうかい」が実施じっし開催かいさいする『おもちゃインストラクター養成ようせい講座こうざを15ねん以上いじょうまえ受講じゅこうして資格しかく認定にんていけました。
『おもちゃ』とっても、侮る事なかれ! と、あそかた使つかかた活用かつよう方法ほうほうが、グーンとひろがります。
この『おもちゃ』にかんする機関きかん、『東京とうきょうおもちゃ美術館』との出会であい•つながり自体じたいは、遡る事、20ねん以上いじょうむかしことで、海からの潮風に吹かれると、風のいきおいだけでクルクルとまわはじめる、1.2トンの重さがある6枚羽根の石の風車の設置せっちプロジェクトでした
「館長の多田千尋さん」を尋ねて、当時とうじ東京とうきょう中野なかの区にあった『おもちゃ美術館』(1984ねん〜)を何度なんどかえして訪問ほうもんし、「おもちゃの奥深さ」にき込まれていきました。その2008ねん現在げんざいの四谷に『東京とうきょうおもちゃ美術館』として移転•再開していますが、何故なぜか、移転前の地域ちいき住民との説明せつめい会にも出席していた事は、いまでも不 思 議ふしぎなエピソードです。
この『おもちゃ』たちとの出会であいは、どもたちの「あそび」や「たのしみ」に使つかうだけでく、親子おやこのコミュニケーション向うえであったり、高 齢 者こうれいしゃやケガの『リハビリ』のツールとして、目的もくてき意識いしきたかめるという部分ぶぶんでの活用かつようられ、柔軟じゅうなん様々さまざま活用かつよう方法ほうほうかんがえるキッカケになりました。
個人こじんてきには、特性とくせい障害しょうがい方々かたがたの『福祉ふくし分野ぶんや使用しようすることおおくなり、幅広はばひろ活用かつようのアレンジをしています。そんななかで、もっと活用かつよう拡大かくだいして、いまでは積極せっきょくてきに『ストレスケア』や『メンタルトレーニング』の面や機会きかいでも、かなら活用かつようするようになりましたし、工夫くふうして活用かつようするように心けています。
だれもが幼い頃、遊んだたのしいおもい出を振り返って、まだまだ継続けいぞくするであろうコロナで、ストレスのおお毎日まいにちを、すこしでも心地ここちごしていくために、「おもちゃ」や「あそび方」あらためて再考してみて、『笑顔えがお』や『たのしみ』のある時間じかんをたくさんつくってもらい、カラダとココロのバランスを調整ちょうせいしてもらえればとおもいます。