コンテンツ

さまざまなおなやみにたいするお役立やくだ情報じょうほう発信はっしんしています。カテゴリを選択せんたくすると、
関連かんれんするコンテンツが表示ひょうじされます。になるコンテンツをチェックしてください。

1ねんで「1ばんみじかい2がつ」••• 新年しんねんむかえた「1がつ」をぎて、生活せいかつのリズムがすこち着く期間きかんであると同時どうじに、卒業そつぎょう異動いどう入学にゅうがく入社にゅうしゃなど、新 生 活しんせいかつのスタートを控えた「春先はるさき」にけて、なにかとバタつくタイミングでもあります。また、「立春りっしゅんむかえて、冬から春への準備じゅんびはじまる時期じきなので、季節きせつの移りわりを実感じっかんすることもすくなくないとおもいます。

日本にほんでは、節分が「季節きせつける」ことを意味いみしていて、江戸時代じだい以降いこうは、とく立春りっしゅん(毎年まいとし2がつ4にちごろ)の前日を指す場合ばあいおおいようで、一般いっぱんてきには『鬼は外、福は内』と、地域ちいき差はありますが、こえしながら福豆(煎り大豆)を撒いて、年齢ねんれいの数だけ(もしくは1つおおく)豆をべ厄除けをおこなう風習がつづいています。

そして、欧米では、「バレンタインデー」【2がつ14にち】に、「女性じょせい男性だんせいにチョコレートを贈る日」とされ、「愛を祝う日」や「家族かぞくや親友などと祝う」とわれています。勿論もちろん様々さまざま意見いけん見解けんかいがありますが、日本にほんでも、一 般 的いっぱんてき認識にんしきひろまっているようで、いまでは、「節分」と並んだ一大イベントになりつつあります。

また、2024ねん2がつは、西暦年号が「4」で割り切れる『閏年(うるうどし)』となり、4ねんに1かい、2がつが1にちおおい『2がつ29日』があります。そんなタイミングでもあるので、あらためて、振り返りをする時間じかんながれやあらたな一歩いっぽ準備じゅんび機会きかいとして、この『2がつ』をごしてしいとおもいます。

やがて、やってくる『春』にけて、あかるいイメージをおもい浮かべながら、季節きせつわりだけに、体調たいちょう管理かんりにはをつけて、けして焦らず、あわてずに、規則きそくただしい生活せいかつリズムのもと、有意義ゆういぎ時間じかんごしつつ、「心のバランス」をととのえてください。