コンテンツ

さまざまなおなやみにたいするお役立やくだ情報じょうほう発信はっしんしています。カテゴリを選択せんたくすると、
関連かんれんするコンテンツが表示ひょうじされます。になるコンテンツをチェックしてください。

Dr.友末のゼミ風景ふうけいよみもの

導入どうにゅう

昨年さくねんは、1かげつほど、オンラインで授業じゅぎょうおこないました。

オンラインにはオンラインなりの利点りてんがありましたが、やはり、学生がくせい直接ちょくせつかおわせてやる対面たいめん授 業じゅぎょうほうがやりやすいです。

 

そのもっとおおきな理由りゆうは、対面たいめんだとはなしをその学生がくせい雰 囲 気ふんいきわせることができる、というてんです。

大学だいがく授業じゅぎょうといっても、説明せつめいばかりしているのではありません。途中とちゅう雑談ざつだん冗談じょうだんはさみます。

面白おもしろいのは、その反応はんのうがいつもおなじではないということ。

クラスによって、によって、微妙びみょうに、ときにおおきくことなります。

 

そこで、こちらはその反応はんのうわせて説明せつめいのスピードをえたり、雑談ざつだん中身なかみえたりするわけですが、そういう工夫くふう授業じゅぎょう内容ないようをより印象いんしょうのこるものにしていきます。

 

そもそも、直接ちょくせつそのくというライブの感覚かんかく・・・

これは、人間にんげんこころ充実じゅうじつさせるためのひとつの手段しゅだんになっている、とわたしかんがえます。

いま時間じかんをかけてそのかなくても、ネットでも体験たいけんができる時代じだいになりましたが、

いかに効率こうりつよくみじか時間じかんますかということを第一だいいちにしていると、人間にんげんこころたされにくくなっていくのではないでしょうか・・・

 

今後こんごもときどきコラムをおくります。

でも、んだあと便利べんりなツールであるパソコンをOFFにし、そと身体しんたいうごかしてもらいたいな~とおもいます。

そのことに、理由りゆうはいりません。

ただ、あるくだけ、くささわるだけ、そらほしるだけ・・「ただ~~をするだけ」で十分じゅうぶんなのです。

もしかしたら、きる意味いみ再 発 見さいはっけんするきっかけになるかもれません。

 

ボランティアでおこなったまめ種植たねうえ。ただ、成長せいちょうするのがたのしいから、一生いっしょう懸命けんめいやりました。