コンテンツ

さまざまなおなやみにたいするお役立やくだ情報じょうほう発信はっしんしています。カテゴリを選択せんたくすると、
関連かんれんするコンテンツが表示ひょうじされます。になるコンテンツをチェックしてください。

大型おおがた連休もわり、感 染 症かんせんしょうえつつも、
行動こうどう範囲はんいひろくなったここ最近さいきん

できることもえ、食事しょくじかけることもおおくなってきたのではないでしょうか。
そこで今回こんかいのテーマは食事しょくじ、そしてぎによる体重増加ぞうか。その対処たいしょ法としてのダイエットなど小はなしいていけたらとおもいます。

やはりおいしいものをぎてしまうと体重も身体しんたいへの負担ふたんおおくなってきます。

そこで皆様みなさまいたことあるかとおもうんですが食事しょくじをするさいつけないといけないことで摂取せっしゅする物の順番。

最初さいしょ野菜やさいからべろといたこともあるかもしれませんがこれは正解です。空腹ときにいきなり炭水化物とう摂取せっしゅすると血 糖 値けっとうち急激きゅうげき上昇じょうしょし、急激きゅうげき上昇じょうしょした血 糖 値けっとうちはその低下ていかし、その乱高下がさらに空はらかんじ、イライラなどにつながることもわかっております

そこで野菜やさいからべるといったように、
低GI 値食品しょくひん最初さいしょ摂取せっしゅすることで血 糖 値けっとうち安定あんていします。低G I値食品しょくひんというのは、バナナやりんご、玄米、アーモンドなどがあり、そのなかでタンパクしつおおふくもの有効ゆうこうになります。

そうすることだけでも食事しょくじ面の改善かいぜんかんがえられ、体重増加ぞうか軽減けいげんにもつながるのではないでしょうか。

食事しょくじは人をうごかすガソリンです。ことなるガソリンを注ぐと車が故障するように、バランスのわる食事しょくじ摂取せっしゅすると身体しんたいを壊す原因げんいんになることもあります。

バランスをしっかりととのえることで意欲いよくや脳機能きのう向上こうじょうしていきます

そのなか大切たいせつ栄 養 素えいようそとして今回こんかいはタンパクしつうものを意識いしき実施じっしするといのではないでしょうか。タンパクしつは毛髪や爪、肌など身体しんたいのあらゆるところに必要ひつようになります。

できるだけ適量のタンパクしつることで体質は改善かいぜんされてきます

そのほかやはり体重減少に必要ひつようなこととしては運動うんどう運動うんどう継続けいぞくすることで体重は減すこ身体しんたい機能きのう維持いじ向上こうじょうもできていきます。
まえにもここでいたように、運動うんどうをするさいには軽度けいど運動うんどうをすることが継続けいぞくへの近道ちかみちになります自分じぶん自身じしん あーきもちよかったとおもるような運動うんどう必要ひつようで、その気持きもちよかった、心地ここちい刺激が大切たいせつになります。

食事しょくじ運動うんどうを再度意識いしきしてよりい日をむかえることが大切たいせつになります。

いつも笑顔えがおで!

やるど!