コンテンツ

さまざまなおなやみにたいするお役立やくだ情報じょうほう発信はっしんしています。カテゴリを選択せんたくすると、
関連かんれんするコンテンツが表示ひょうじされます。になるコンテンツをチェックしてください。

「メンタルトレーナー幸田がいく」よみもの

実録 『ひきこもり&不登校ふとうこう

みじかあきとおぎて、はやくも「初冬」の寒さがジワジワと迫ってきています。カラダも、ココロも、ついつい「チカラがはいって•••」しまいがちな季節きせつになりました。
今回こんかいは、『ひきこもり』と『不登校ふとうこうのカウンセリング対応たいおう継続けいぞくした結果けっかについての「あるケース」紹介しょうかいします。①「7ねんのひきこもり」ケース
大学だいがく在学なか自宅じたくでのひきこもり生活せいかつはじめて7ねん間が経過けいかしてい青年せいねんを、はじめて、自宅じたく訪問ほうもんして以来、2ねん4ヶ月かげつぎた今を報告ほうこくします。まった自宅じたくから外出がいしゅつできなかった青年せいねんは、出会であって半年後ねんごに、自宅じたくちかくの公園こうえんまで外出がいしゅつできたことをキッカケに、コンビニへのお出掛でかけ、大型おおがたショッピングモールでのものオシャレなカフェでの集合 などなど、グングンとチカラを発揮はっきしていきました。今年ことしの春には、障害しょうがい年金の申請しんせい手 続てつづきをませて、ことに受給開始かいし。そして、ハローワークやナカポツ(しょうがいしゃ就業しゅうぎょう生活せいかつ支援しえんセンター)への同行どうこうや繋ぎをして、アレコレのチャレンジをて、この10がつからは自宅じたくちかくのAがた事 業 所じぎょうしょ通所つうしょしています。②「約5ヶ月かげつ不登校ふとうこう」ケース
中学ちゅうがく時代じだいとくに『不登校ふとうこう』と経験けいけんいまま、順調に高校こうこう進学しんがくするものの、いざ入学にゅうがくしたら環境かんきょう変化へんか適応てきおうできず、なかなか登校出来できない生活せいかつはじめた高 校 生こうこうせいかかわった5ヶ月かげつ報告ほうこくします。学校がっこうやすみがちになり、不登校ふとうこう心配しんぱいした両おやに連れられてカウンセリングにときは、全般ぜんぱんに『無気力』で、自己じこ肯 定 感こうていかんが欠落して、燃え尽き症候群のような状況じょうきょうでした。つきに1〜2かいのカウンセリングを開始かいしして、徐々じょじょ関 係 性かんけいせいつくられてくるたびに、可愛い笑顔えがおられるようになってきました。やすみにはいってからは、2学期のリスタートにけて、毎週まいしゅうのセッションをかえして、すこしずつ、本当ほんとうに「すこしずつ」ですが、本人ほんにん自身じしん様々さまざま事柄ことがら関心かんしんはじめ、『前向まえむきな意欲いよく』が湧きがってきて、いまでは、2学期の始業式以来、無欠席で登校することができ、集団しゅうだん活動かつどうの「体育祭」にも元気げんき参加さんかすることが出来できました。すべてが上 手うまくいく「ハッピーエンド」的なケースばかりじゃない事は当然とうぜんですが、「本人ほんにん」と「支 援 者しえんしゃが、決して『焦らず』、『焦らせず』、時間じかんをかけながら「成功せいこう体験たいけん」のげをかえして、『あきらめない』っていく事の重要じゅうよう性や必 要 性ひつようせい大切たいせつさを証明しょうめいしているのだおもいます。