コンテンツ

さまざまなおなやみにたいするお役立やくだ情報じょうほう発信はっしんしています。カテゴリを選択せんたくすると、
関連かんれんするコンテンツが表示ひょうじされます。になるコンテンツをチェックしてください。

Dr.友末のゼミ風景ふうけいよみもの

人間にんげん二面性にめんせい

今回こんかいのWBC優勝ゆうしょう。いや~すごかったですね!

二 刀 流にとうりゅう大谷、名将めいしょう栗山監督かんとく、マッチョマン吉田、村神様、たっちゃん(ヌートバー)・・・

全員ぜんいん名前なまえげたいくらいの『結束力けっそくりょく団結力だんけつりょく』の勝利しょうりでした。

 

でも、「日ほん勝利しょうりもっと貢献こうけんしたのは誰?」とわれると、

私だったらまよわず、ダルビッシュをげます。

 

メジャーの選手せんしゅだとどうしても自分じぶんの・・・というか、

所属しょぞくするチームのための調整ちょうせいが最優先ゆうせん事項になってしまうので、

大会たいかい直前ちょくぜん代表だいひょうくわわるというかたちが、これまでのパターンでした。

 

なので、ダルビッシュが3週間しゅうかんも前の宮崎合宿から参加さんかしたことに、まずビックリ!

そして、自分じぶん調整ちょうせいを後まわしにし、皆の練習れんしゅうい、メジャー対策たいさくを直につたえ、

食事しょくじ会を何度なんどひらき、あかるい雰囲気ふんいきつくりにこころを砕く(むろんその費用ひようはダルビッシュち)。

 

この献身けんしんてき姿勢しせいにはビックリをとおり越し、つよ感銘かんめいけました。

2005ねん、ダルビッシュが日本にほんハムに入団にゅうだんしたとき、

こんな頼もしい姿すがたを誰が想像そうぞうしたでしょうか?

 

いまでもおぼえているのは、彼が高校こうこう卒業そつぎょう前にパチンコ店で喫煙きつえんをしている姿。

写真しゃしん週刊誌しゅうかんしで見ました。球団きゅうだんからは、無期限きげん謹慎きんしん処分しょぶんけるという始末しまつです。

実際じっさいかれはワル、わがままということで、素材そざいとしてはピカ一なのに、

ドラフトではおおくの球団きゅうだんが手をき、日ハムの単独たんどく指名となりました。

 

この選手せんしゅは、素行そこうわるいが只物ただものじゃない。その「只物ただものじゃない」というところに、

球団きゅうだんのスカウトは気付きづかなかったのですね。

かつてのカープの木庭スカウトなら、かれちから第一だいいち印象いんしょうで見抜いたにちがいありません。

そして、喜んで指名していたでしょう。

 

さて、この『人間にんげんの素質をどう見抜くか』というはなしじつはこれがたいへんむずかしい。

 

なぜなら、本当ほんとうに人の『しん』の部分ぶぶんまで見抜こうとすると、

そのひとぜん部分ぶぶんと悪の部分ぶぶん、その両方りょうほうとらえたうえで、

ぜん悪の振幅しんぷくおおきさにも目をける必要ひつようがあるからです。

 

ふつうは、ぜん部分ぶぶん注目ちゅうもくをしますが、ぜんだけのひとはいないし、悪だけのひともいません。

そのことを押さえたうえで、悪に陥らないよう教育きょういくするところに、

おおきな意味いみがあるのではないでしょうか。

 

品行方正ひんこうほうせいで真面目なだけだと、ぜん悪の振幅しんぷくちいさくなり、

おおきなプレッシャーがかかったときに、力が発揮はっきできません。

一方いっぽう、やんちゃでハングリーだとどうなるか。

ぜん悪の振幅しんぷくおおきくなりますが、ここ一番いちばんというときに力が発揮はっきできるのです。

これまで、50ねん以上いじょうスポーツ選手せんしゅ身近みぢか観察かんさつしてきて、そうかんじます。

 

もちろん、例外はあるし、プラスとマイナスの振幅しんぷくがあまりにおおきすぎると、

マイナスにすすんだときにこまることになるので、

この経験けいけん則は、あまりひとにはけないようにしていますが・・・

 

カープの「やんちゃ」というと、昭和しょうわ50年代ねんだい活躍かつやくした江夏豊投手とうしゅですね。

かれのピッチングには、いつどんなときにも余裕よゆうがありました。

サインとおりのボールを投げず、キャッチャーをおちいらさせたり、

投手とうしゅをわざと四球で歩かせつかれさせたり、ているほうには面白おもしろいピッチャーでした。

 

間違まちがえないでしいのは、かれはプラス思考しこう一辺倒いっぺんとうではなかった、ということです。

たれるかもれん。でも、1点取られたってどうってことない」と、

マイナス思考しこうおちいっても冷静れいせいでいられることが、つよさにつながっていたのです。

 

マイナス思考しこう見方みかたえると、ストレスからげないというつよさにつながります。

そして、振幅しんぷくおおきければおおきいほどストレス耐性たいせいが高まる、ということもおかりでしょう。

 

さて、こうした人間にんげんの『二面性にめんせい』『矛盾むじゅん』『ぜん悪同居』を、わたしたちはどうとらえ、どう答をし、どうすすんでけばよいのか。

そして、一個人こじんのことにとどまらず、国家こっかとして、人類じんるいとして、どうすすんでけばよいのか。

 

ただたん倫理りんり基準きじゅんこたえとしてしめすだけでは、紛争ふんそう戦争せんそうくなりません。

ということは、みにく未来みらいっているのか・・・?

人間にんげんくるしむ姿には、美しさ・凛々しさ・崇高すうこうさも同居している(これも二面性にめんせいひとつ)。

ということは、美しい未来みらいが訪れるのか・・・?

 

さて、このどちらの可 能 性かのうせいたかくなるのか?

人間にんげん本質ほんしつを見抜いたうえでの、二者択一にしゃたくいつではない行動こうどう選択せんたくを、

今度こんどのG7あたりで具 体 てきぐたいてき提示ていじしたらどうなんでしょうね~~~??

ちいさなどもにも価値かちのある大会たいかいとなった今年ことしのWBC。

ダルビッシュはサインのもとめにおうじるとき、どもたちからさきしょいていく。