コンテンツ

さまざまなおなやみにたいするお役立やくだ情報じょうほう発信はっしんしています。カテゴリを選択せんたくすると、
関連かんれんするコンテンツが表示ひょうじされます。になるコンテンツをチェックしてください。

Dr.友末のゼミ風景ふうけいよみもの

「ストレスはひとに伝染する」

さる10がつ16にちおこなわれた、サンフレッチェ広島とヴァンフォーレ甲府の天皇杯決勝。

延長の末1-1で勝負がつかず、PK戦になったとき、

「こりゃ、サンフレッチェの負けだな!」と、わたし確信かくしんしました。

 

なぜかとうと、円陣になってキッカーの順番をめているときの両チームの雰 囲 気ふんいきが、

全然違っていたからです。どういうことかとうと・・・

 

甲府の吉田監督かんとくが、笑顔えがお指示しじしていたのにたいし、

広島のスキッベ監督かんとくは、こわい顔で選手せんしゅ気持きもちをるい立たせようとしていました。

それ自体じたい、別にわるくはないのですが、

そこに悲壮感のようなものが漂っていたのを、わたしかんじたのです。

 

「この雰 囲 気ふんいきはよろしくない。監督かんとくの悲壮感や気負いは選手せんしゅに伝染する。

サンフレッチェはだれかがミスるかもれん。サンフレッチェは負ける・・・」

 

結果けっかは、みなさんご存知ぞんじとおりです。

サンフレッチェは、プロのチームとしては、すこ余裕よゆうがなかったですね。

いちいち監督かんとくわれなくても、またしょっちゅう監督かんとくに反抗していたとしても、

集 中 力しゅうちゅうりょくたかめるときは自己じこでしっかり集中しゅうちゅうする、これが本当ほんとうのプロじゃないのか・・・

と、あらためておもったわけです。

 

そこで、すぐに頭に浮かんだのが、そう。プロ野球やきゅう。広島カープです。

いま、新井新監督かんとく期待きたいされていますが、

人柄がくて人望があるものが、監督かんとくを担うのが本当ほんとういのかどうか?

 

新井監督かんとくなら、100点満点で60点未満みまん野球やきゅうをすることはないでしょう。

しかし、いざというときに100てんれるのか・・・

なんうか、チームがちいさくまとまってしまうのではないか、と心配しんぱいしてしまうのです。

 

これまで、いろいろな種目しゅもくの、たくさんのプロチームを身近みぢかてきた経験けいけんからえば、

いわゆる仲良し集団しゅうだんよりも、エゴ丸しのわった選手せんしゅが何人もいる集団しゅうだんのほうが、

「ここ一番いちばん!」というときにおおきなちから発揮はっきするケースが、間違まちがいなくおおいのです。

 

もしだれかがまずいプレーをしたら、「なにをやっとるんじゃ!」と遠慮なく叱咤する。

監督かんとく指導しどう方法ほうほう納得なっとくがいかなければ、とことんはなう。

そういう本音ほんねをぶつけ合える雰 囲 気ふんいきに満ち満ちているのが、

勝利を目指めざすチームのあるべき姿ではないかとおもうのですが、

たして、新井監督かんとくもとでそれができるか・・・?

 

もちろん、チームづくりの方針ほうしんというのは複雑で諸事情じじょうもあるので、これ以上いじょうもうしませんが、

来季、新井監督かんとく是非ぜひともやってしいのが、選手せんしゅたいする『動』と『静』の使つかけです。

叱るときにははげしく叱り、任せるときにはしずかに任せる。

 

このような、『動』と『静』のおおきなギャップを巧みに使つかけることができれば、

プロ選手せんしゅの攻撃本能ほんのうという、本人ほんにんでさえ気づいていない野性的な特質を、

すことができるとおもうからです。

 

そういう意味いみでは、わたしは前田(新)監督かんとくのほうが、見たかったです。

前田監督かんとくだと、下手すると100点満点の0点になる怖れもありますが、

120点の可 能 性かのうせいもある・・・そんな監督かんとくのほうが、ていてワクワクしませんか?

時事ドットコム 2022ねん10がつ17日(月) より

https://www.jiji.com/jc/p?id=20220524211658-0041806632

 

ピッチャーがたれたときや、ピンチのときなど、頻繁にマウンドにあつまるのは止めようね。