コンテンツ

さまざまなおなやみにたいするお役立やくだ情報じょうほう発信はっしんしています。カテゴリを選択せんたくすると、
関連かんれんするコンテンツが表示ひょうじされます。になるコンテンツをチェックしてください。

Dr.友末のゼミ風景ふうけいよみもの

「外傷性ひきこもり」

外傷性ひきこもり・・・これは、精 神 科 医せいしんかいの宮田量治先生せんせいかれたほんの題名です。

レヴューには「素ひとにもみやすい本」とかれていますが、けっこうむずかしいです。

ひきこもりの原因げんいん対策たいさくを学問的・専門せんもんてきとらえようとしているので、

精 神 医せいしんい学の予備知識ちしきがないと、理解りかいしづらい部分ぶぶんおおくあるようにかんじます。

 

しかし、これは、中々なかなか興味きょうみ深い視点してんからかれている本なので、

著者ちょしゃもっと主張しゅちょうしたい点を、かりやすくき直しておくことにします。

 

結論けつろんはただひとつ。「外傷性きこもりは、親のしつけと関連かんれんしている」です。

以下いか重要じゅうようなポイントを箇条きにすると・・・

 

★どこの家庭かていでもこり得る不適切てきせつなしつけが、知らず知らずのうちにどものこころにトラウマ(精 神 的せいしんてき外傷)をつくる。本人ほんにん学校がっこう社会しゃかいのせいではない。

★しかしながら、トラウマの形成けいせいには、経験けいけん・遺伝・環境かんきょうなど様々さまざま要因よういんが複雑に関与しており、親だけの責任せきにんともれない。

★トラウマによってまれる思考しこう行動こうどうは、記憶きおくに縛られた思考しこう行動こうどうい換えることができる。したがって、えようとすればえられる『外傷性』の症状しょうじょうにすぎない。

★ひきこもりになったことを自分じぶんよわさととらえたり、自分じぶんを責めたり、回復かいふくをあきらめたりする必要ひつようまったくない。自分じぶんなりの回復かいふく目指めざそうとする力は、かならまれてる。

 

では、そのつらい状況じょうきょうからの回復かいふくには、どうすればいのか?

ここが、もっとりたいところなのですが、300ページちかくのほんにしては、

すこししかれてありませんでした。

 

著者ちょしゃは、まず、つぎのように控え目に述べます。

学校がっこうかなくてよい。仕事しごともしなくてよい。まずは、ケアや治療が必要ひつようだ。

一人ひとりかんがえ込まず、ずかしがらず、自分じぶんのできる方法ほうほうで、家の外のだれかとつながろう。

そして、いま住んでいる地域ちいき情報じょうほうを集めてみよう。そうすると、相談そうだん回復かいふく支援しえんのセンターのようなものがつかるかもれません・・・」と。

(広島でしたら、この「ハルモニ@ホーム」ですね!)

 

そして、具 体 的ぐたいてき活動かつどうとしては、ヨガ、運動うんどう、祈り、気晴らし、早寝早起き・・・などが、

さらっとげてあげてあるだけなのですが、それは仕かたがありません。

日本にほんには治癒例としてのデータが、蓄積されていないからです。

 

そもそも、こういう日本にほん特有の問題もんだい解決かいけつ方法ほうほうを、精 神 科 医せいしんかいだけにもとめてはいけません。

宮田先生せんせいは、精 神 科 医せいしんかいとして貴重きちょうな知見を提示ていじしてくださったわけですから、

あと我々われわれ自分じぶんかんがえ、試 行 錯 誤しこうさくごもしながら、答を捜してけばよいのです。

 

これは、ひきこもりの研究けんきゅうに限ることではありません。

あたらしい分野ぶんや研究けんきゅうはじまったときには、答がくわしく示されていないから不満・・・

ではなく、ぎゃく面白おもしろい・・・

そういう姿勢しせいすすんでくことが、新分野ぶんやの発展につながっていくのです。

外傷性ひきこもり。星和書店しょてん