コンテンツ

さまざまなおなやみにたいするお役立やくだ情報じょうほう発信はっしんしています。カテゴリを選択せんたくすると、
関連かんれんするコンテンツが表示ひょうじされます。になるコンテンツをチェックしてください。

Dr.友末のゼミ風景ふうけいよみもの

Dr.友末のゼミ風景ふうけい 「スウィング・ストレッチング」  

現在げんざいのストレス社会しゃかい注目ちゅうもくすべきは『心』を健康けんこうにする運動うんどうです。

といっても、特別とくべつ運動うんどうがあるわけではありません。

『身』にはたらきかける運動うんどうなかに、『心』にも好影響えいきょうを及ぼすものがあるのです。

 

そのひとつに、「スウィング・ストレッチング」といって、小刻こきざみな振動をくわえながらおこなうストレッチがあります。

 

この運動うんどう発見はっけんしたのは30ねんほど前のことで、

「このストレッチをしながら身体しんたい無駄むだちからを抜き、身体しんたいやわらかくしていくと精神せいしんやわらかくなる。最終さいしゅうてきには『心』の拘束をり除いてくれる」と、

スポーツ関係かんけい学会がっかいでも発表はっぴょうしたことがあります。

 

しかし、このストレッチ。全身ぜんしんで貧乏ゆすりをしているようにえるので、見栄えがくないからか、「人前ではやりにくい」と、スポーツ選手せんしゅあいだでは広まりませんでした。

 

でも、生理中の不快な症状しょうじょう軽減けいげんすることにもつながるので、安田やすだ女子じょし大の授業じゅぎょうでは毎年まいとし紹介しょうかいし、好評こうひょうています。その具 体 的ぐたいてきなやり方については、近々動画どうが紹介しょうかいしますのでおたのしみに。

 

こうしたちからを抜くことをポイントとする運動うんどうは、ひきこもりの防止ぼうし有効ゆうこうであることが、最近さいきん研究けんきゅうかってきています。もっともっと広めていきたいな、とおもっているとろです。

 

さて、ここでわすれてはならないのは、運動うんどう効果こうか過信かしんしない。

そして、無理むりしてまで運動うんどうをしない、ということです。

ひきこもりの場合ばあいとくにそうで、そのひとたちにどうやってその運動うんどうんでもらうか、運動うんどう以前いぜん問題もんだいが、おおきくちはだかります。

 

こまったことに、そのやりかた1人ひとり1人ひとりおなじではありません。

また、なが時間じかんがかかるのが普通です。

ですから、指導しどうする側は「そのうちなんとかなるさ」というぐらいの、

それこそ柔らかい『心』を必要ひつようがあります。

指導しどうされる側も「真面目にやろう」とかたかんがえては、長続きしないままでわってしまうのです。

 

この「なんとかなるさ」という姿勢しせいは、わたしたちが運動うんどう習慣しゅうかんをつけていこう、というときにもれたいところです。

 

★どんな運動うんどうつづけてけばいのかはかりました。

自分じぶんでもできそうです。

★でも、甘いものがしいときは、べたっていいじゃん・・・

みにきたければ、おこなったっていいじゃん・・・

 

そういう適当てきとうというかグレーな感性が、心身しんしん健康けんこうながく保つことにつながっていくのです。もちろん、みんながみんなそうだ、と断言するわけではありませんが・・・

貧乏ゆすりは健康けんこうにいいのよ! https://bokete.jp/odai/4257075 より