コンテンツ

さまざまなおなやみにたいするお役立やくだ情報じょうほう発信はっしんしています。カテゴリを選択せんたくすると、
関連かんれんするコンテンツが表示ひょうじされます。になるコンテンツをチェックしてください。

Dr.友末のゼミ風景ふうけいよみもの

「ペットとう」

テニスの研 究 者けんきゅうしゃけん指 導 者しどうしゃとして活動かつどうはじめてから40ねん以上いじょう経過けいかしました。

40ねんつづけると選手せんしゅをどう指導しどうすべきか、原理げんり原則げんそくようなものがえてきます。

そのひとつが、指導しどう状況じょうきょうおうじ、相手あいてわせておこなわなければならない、という原則げんそく

 

スポーツかいには、「こうすればびる」というマニュアルのようなものが存在そんざいしますが、

どの時点じてんで、どう指導しどうするかは、選手せんしゅによりえる・・・これが大 原 則だいげんそくなのです。

 

ときには、なに指導しどうせず、選手せんしゅ自身じしんこたえを見付みつけるようえてほうっておく・・・

そんなマニュアルとは反対はんたい指 導しどうをしたほうが、ぎゃくびて場合ばあいもあります。

ある選手せんしゅにはうまくおこなったけど、またべつ選手せんしゅにはうまくかなかった・・・

こんなことは、スポーツの指導しどう世界せかいでは日 常 茶 飯 事にちじょうさはんじです。

 

と、ここまでいてきてふとおもったのは、

これって、ひきこもり支援しえん場合ばあいおなじではないのか・・・? ということ。

 

つまり、ひきこもり支援しえんでマニュアルを重視じゅうしする必要ひつようはない。

状況じょうきょうおうじ、相手あいてわせて行なわなければならない。

 

こういう姿勢しせいを、ひきこもり支援しえん基 本 的きほんてきかんがかたとすると、

1人ひとり1人ひとりおうじた、無理むりのない柔軟じゅうなん支援しえんひろまっていき、

この方面ほうめん研究けんきゅうも、現場げんば見据みすえた現場げんば役立やくたつものになってくにちがいありません。

 

身体しんたい運動うんどう専 門 家せんもんかは、すぐに運動うんどうを勧めます。

しかし、運動うんどう効果こうか過信かしんしてはいけないんですね。

ひきこもり解決かいけつつながる活動かつどうは、運動うんどう以外いがいにも、うたうたう、ペットとうなど、非常ひじょうにたくさんあります。

 

ペットというと、いぬいですよ。

ワンちゃんは、ひとこころかります。

ワンちゃんをしんじると、それ以上いじょうしんじてくれます。

しっかりはなしかけてやると、ちゃんとこたえてくれます。

 

ワンちゃんは10ねんくらいしかきられないんだから、年老としおいても大切たいせつにしてやろう。

そして、最後さいごのおわかれは一緒いっしょにいてやろう・・・

そのような感情かんじょうしょうじてきたら、しめたもの。ひきこもりは解決かいけつしたも同然どうぜんです。