コンテンツ

さまざまなおなやみにたいするお役立やくだ情報じょうほう発信はっしんしています。カテゴリを選択せんたくすると、
関連かんれんするコンテンツが表示ひょうじされます。になるコンテンツをチェックしてください。

11がつ24にち福岡県博多市にある博多国際こくさいセンターで人生じんせいはつの大相撲を観戦かんせんしてきました。

テレビでは何度なんどて、つよ関心かんしんもありましたが、なかなか生で見機会きかいがなく月日つきひながれたものです。
そのみを生でれるとあって、前日からワクワクドキドキがありました。

テレビではみが16から放送ほうそうされますが、現地げんちでは朝の10ごろからみがおこなわれております。番付のひくい方から順に最終さいしゅう18ごろに結びの1ばんむかえるながれです。このながかんしてはボクシングの興行でもおなじように、はじめの試合しあいは新人やランキングのひくひとたちからはじまり、最終さいしゅうてきにメインイベントを務めるのはチャンピオンとうのもよく似ているところでした。

今回こんかい、大相撲を生でて、まさに日ほんの文化を体現しているとかんました。会場でおこなわれているのは神ことであり、土俵はたりまえですが、会場全体ぜんたいが神聖な場所ばしょのようにな雰囲気ふんいきした。

土俵に上がる前の力士は、塩を手にり、自身体しんたいに撒いたり、そのさきにある土俵におおきく撒く。正に清め塩そのものでした。勝った力士は、そのつぎみのある力士へ水を渡し、はな道を後にする。行事ぎょうじうごきやる舞い、審判しんぱん真剣しんけんな眼差しとう本当ほんとうに1つの世界せかいがここにあると雰囲気ふんいきでした。

何はともあれこういった真剣しんけん勝負には感動かんどうおぼえ、さらなる興味きょうみ抱く結果けっかになりました。
ひと感動かんどうあたえるのは真剣しんけんり組まないとむずかしい。ちいさな子供こどもちが頑張がんばっている姿すがた感動かんどうする大人おとな数多かずおおくいらっしゃると思います。そこには一生いっしょう懸命けんめいむ姿があるからです。

一生いっしょう懸命けんめいやってそれが報われなくても、その経験けいけんうものは非常ひじょうおおきな財産になるとおもいます。この大相撲をて、物ことり組真剣しんけんさとうものをあらためて重要じゅうようだとつよかんじた次第しだいです。

これからも失敗しっぱいかえしながら笑顔えがお前向まえむきに生活せいかつしていきたいおもいます。
こまったときには1人ひとりで悩まず、相談そうだんできるこのポータルサイトの利用も検討してみてはどうでしょうか?

やるど!