コンテンツ

さまざまなおなやみにたいするお役立やくだ情報じょうほう発信はっしんしています。カテゴリを選択せんたくすると、
関連かんれんするコンテンツが表示ひょうじされます。になるコンテンツをチェックしてください。

5がつ末、「朝晩あさばんの爽やかさ」と「昼間の蒸しあつさ」とう『気温きおんの寒暖差』が、ココロとカラダのバランスに影響えいきょうあたえる時期じきです。そして、『梅雨つゆ入り』も時間じかん問題もんだいで、スッキリしない日々ひびが続くとおもいます。

 
4がつ新年しんねん度になり『期待きたい不安ふあん』をちながらスタートして、3年目ねんめのコロナで、規制のいゴールデンウィークをぎた「この時期じき」は、なにかと、つかれやシンドさが出やすい時でもあります。
今回こんかいは、そんななか、『高校こうこう女子じょしバレーボール部』のはなしです。
県内けんないの強豪校に、なかなか肩を並べること出来できないなかほぼやすく、毎日まいにちきびしい練習れんしゅうに耐えて頑張がんばっているチームに、『メンタル•トレーナー』として、昨年度ねんどからかかわりはじめました。

長年、「ベスト8」けること出来できずにくるしんでいたチーム事情じじょうり、まずは『現状げんじょう把握はあく』=『観察かんさつり』をしながら、監督かんとく選手せんしゅたちとの距離きょりを縮めていきました。
コロナで、練習れんしゅう試合しあい遠征えんせいなどをふくめ、かぎられた環境かんきょう下で、日々ひび練習れんしゅうかさねて『メンタル•トレーニング』げてきました。監督かんとく選手せんしゅたちとのコミュニケーションがスムーズになってきて、バレーだけでく、学校がっこう生活せいかつや友人関係かんけいなど「色々いろいろはなし」出来できるようになりました。そんななか徹底てっていしたコロナ感染かんせん対策たいさくをしたうえ開催かいさいされた『県大会たいかい出場しゅつじょうしました。
結果けっかは、長年の分厚い壁【ベスト8】をき破って、念願の『4位』にたどり着きました。学校がっこうとして、県内けんないベスト4にはいるのが、なんと「25年振ねんぶり」結果けっかになりました。
 
『メンタル•トレーニング』の成果もあり、監督かんとく選手せんしゅたち、チーム全体ぜんたいで掴んだベスト4の結果けっかは、バレーボールの技術ぎじゅつ戦術、体幹、体力たいりょくう「テクニカル」や「フィジカル」以上いじょうに、ひとひとはなしをしたり、コミュニケーションをる『メンタル』部分ぶぶんでのつながりが、かなりおおきく影響えいきょうしています。
スポーツでも、日常にちじょう生活せいかつでも、『ひととのつながり』の中から、「あらたな一歩いっぽ」にせることがありますから、『だれかにはなしをいてもらう』ことをしながら、コミュニケーションの機会きかいつくるようにして、ココロとカラダのバランス調整ちょうせい活用かつようしてしいとおもいます。